このエントリーをはてなブックマークに追加

概要

helm-descbinds.eldescribe-bindingsの helmインタフェースです. Emacsはデフォルトでも膨大なキーバインドが存在するため, describe-bindingsを使っても 目的のコマンドを見つけ出すのはなかなか大変ですが, helmインタフェースを利用することで コマンドの検索が比較的容易になります.

またhelm-descbinds.elは以下の機能が提供されます

  • コマンドの実行
  • ドキュメントの表示
  • 定義元への移動

persistent-action(C-z)はドキュメントの表示となっています.

スクリーンショット

helm-descbinds

バインドされたコマンドを検索する際は, キー(C-c等)とコマンド名を意識して検索すると良いでしょう.

インストール方法

helm-descbindsは MELPAに登録されているので, package.elを使ってインストールすることができます.

必要要件

  • Emacs 23以上
  • helm

設定

helm-descbinds-modeを実行することで, describe-bindingsのキーバインドである C-h bが上書きされ, helm-descbindsになります.

(require 'helm-descbinds)
(helm-descbinds-mode)

Emacs 23をお使いの方は helm-descbinds-modeの部分を以下のように変更してください

(helm-descbinds-mode 1)